123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今日、夕方の散歩で、悟空が歩道脇の空き地に落ちた?o( ̄ ̄ ̄_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄iA 汗たら~
落ちたと言っても、完全に落ちた訳でなく、片方の後ろ足を踏み外し、落ちないように歩道の淵に必死にしがみ付いていたのだ。(笑えるくらい必死にしがみ付いてたのだ。)(=^w^)ぷぷっ!
ほんの一瞬視線を外した時の出来事だったので、どういった体制から踏み外したのかは不明なのだが、考えられる事は、オシッコをしようと片足を上げ、用を済ませて歩き出そうと足を下ろしたら、そこには地面が無かったのだと思う。(゜_゜i)
落ちそうになった場所は、下との段差は130センチ位あったので、このまま落ちたらどうしよう?リードの長さを考えると、キャンディーも下に落として一緒に回り道した方が良いのか?とか、悟空のリードを放してその場に「待て」をさせて、キャンディーと迎えに行ったほうが良いのか?とか、ほんの一瞬の間に色々頭を巡らせていた。
しかも、頭を巡らせながら、悟空を引き上げるよりも、お腹を抱えて笑っていたのだから、悟空にしたら「お母さん!笑ってないで早く助けて!!!」と言いたかったろうなー・・・( ̄⊥ ̄lll あせあせ
私も、悟空の必死に堪えてる姿を見て「笑ってちゃいけない!」と思い、慌てて引き上げようとしたけど、可笑しくて力が入らなくて中々引き上げられなかった。(~_~;)サー・・・
それでも何とか引き上げる事が出来て、悟空もチョッとションボリした様子だったけど、気を取り直して家に帰って来た。
毎日歩くコースなのに、何で今日に限ってあんな場所で踏み外したのかなー・・・(ー”ー;)うーん
悟空が踏み外したのは2度目なんだよね・・・これからは落ちないように、もっと気をつけてあげなくちゃね。。。σ( ⌒ー⌒;)

スポンサーサイト

2004.09.30 
ここ暫く日記をサボってしまってた・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
日記に書くような話題も無かったので、ついついサボっちゃったんだよね。(-_-;)
これからは気をつけようー・・・と、何時も言ってたっけ・・・(^m^)ゞ

今日は、また自分でパーマを掛けた。
前回はネジってロットを巻いたが、今回は普通に巻いたので、ウェーブも前回より少し綺麗に出るように仕上がった。(∩_∩)
それに、パーマを掛けた後カットまで遣ったので、前回より格段に仕上がりが綺麗に出来上がったのだ。( v ̄▽ ̄) イエーイ♪
まぁ、綺麗と言っても素人なので、それなりの仕上がりだけど、自分では満足している♪o(*^▽^*)o~♪
出来上がりの様子はと言うと、、、昔「大都会」と言う歌を歌ってた「クリスタルキング」と言う歌手(2人組)の片方の髪型に良く似ている。(^m^)ゞ
旦那も、帰宅して開口一番に「何したの?クリスタルキングみたいな頭にして・・・」と言う位の仕上がりなのだ。ゞ(≧ε≦o)ぶっ!
大分白髪の混じったクリスタルキングだけど、近々白髪染めも遣る予定なので、大分若返るかな?(〃∇〃) ゞエヘヘ
目指せ30代!!!・・・って、やっぱり無理かな?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

2004.09.29 
今日病院に行ってきた。
最初にキャンディーの診察。(゜_゜i)
内心ドキドキしながら診察室へ・・・受付で手渡した尿の、検査結果では、尿結石は大分改善が見られるとの事で、膀胱炎の方も尿回数が減ってきてるし、どちらも良好の傾向にありε= (*^o^*) ほっと一息。
そして、いよいよ気になるキャンディーのオッパイの膨らみの事を先生に話すと、先生が触診して「これは大丈夫です。単にオッパイの脂肪が垂れて来ただけです。」との事。
「ワンちゃんも、年と共にオッパイが垂れて来るんですよ。」と先生言った。
私は思わず「私と一緒だー!」と口から出そうになったのを、必死に堪えた。(>▽<;; アセアセ
こう見えても私は、先生に真面目に見られてると思うので、そのイメージを崩さない様にしなくちゃ・・・♪~( ̄ε ̄;)

そして、キャンディーの診察が終わった後、「悟空はどうしますか?ついでに診察します?」と、先生が聞いてきたので、「お願いします。」と言って、悟空を診察室連れて行った。
一通り診察が終わってから、先生に悟空の背中の事を話し診て貰った。
すると、どうやら私が心配していた「食物アレルギー」では無いらしい。(∩_∩)
雑菌からの炎症らしくて、先生からは、「今日、薬用シャンプーお出ししますので、そのシャンプーで4~5日中にシャンプーしてあげて下さい。」との事・・・がびーん (|||_|||)ガビーン
昨日シャンプーしたばかりなのに・・・(;´д`)ノ|柱| トホホ・・・
その後も、1週間から10日位の周期でシャンプーをしないといけないらしいのだ・・・( T▽T;)ハハハ・・・
でもまぁ、重大なアレルギーでは無いらしいので、σ(^-^;)として病院を後にした。

帰りに、以前住んでいた家の近所の公園で、久々にチビ達と散歩してきた。
公園から出る時、チビ達は以前の家の方に歩いて行こうとするので、仕方なく元の家の裏にあった児童公園まで足を運んだ。
昔、散歩で良く遣ってたように、公園のベンチに腰掛けて、チビ達とチョッとだけ休んで帰って来た。
前の家は、チビ達が生まれて7年半過ごした家なので、シッカリ記憶に残ってるんだろうなー・・・。
公園の中を歩いていると、其処此処にチビ達やアラレとの思い出が残っていて、凄く懐かしくて、寄り道して良かったな~と言う思いで帰って来た。(*'ー'*)♪
高速のサービスエリアでは、今日も何時ものソフトを仲良く3人(1人+2頭)で食べて来た。(*^ー°v

そして夜。。。チビ達のご飯時の事。
何時もの様に、ハウスで待っているチビ達にのご飯を持って行くと、キャンディーが自分のハウスの前でo(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)o
( ̄ *) ん?と思って部屋の電気を点けて見ると、悟空がチャッカリキャンディーのハウスの中で、ご飯が来るのを待っていたのだ。ヾ(ー ー )ォィォィ
行き場を失ったキャンディーは、「私の家なのに・・・」とでも言いたげに、ハウスの中を恨めしそうに眺めていたのだ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
部屋が明るくなって、「U〇ェ〇U ゲッ?!自分のハウスじゃない!」と気付いた悟空は、ばつが悪そうに頭を下げてコソコソと自分のハウスへ・・・(*≧m≦*)ププッ
何時も暗くなって来ると、ハウスのある部屋は小さい豆電球だけ点けて薄暗くしてあるので、シャンプー直後の悟空は、時々間違えるのだよねー。(~_~;)ハハハ

2004.09.21 
今日は、約2週間ぶりにチビ達のシャンプーをした。
キャンディーの病状も、結構良い感じになってきたので、明日の病院行きのために、チョッと綺麗にしようと思い決行した。
しかし、毎度の事だけど、シャンプーとなると家のチビ達は我先にと風呂場に入って行くんだよね・・・(;^_^A アセアセ・・・
何でなんだろうね~・・・U゜ェ゜Uハテ?

何時もの様に悟空をシャンプーしている時、背中の辺りを擦ってやると、しきりに後ろ足を動かす・・・(・・?ナゼ?
そしてキャンディーのシャンプーでは、お腹の辺りを洗っている時、後ろ足の付け根の辺りのオッパイが、異様に膨らんでるような・・・( ̄へ ̄|||) ウーム
そこで、この気になる部分を、ドライヤーを掛ける時注意して観察してみると、悟空の背中には、赤くただれた様な跡が無数にあったのだ。
そして、キャンディーのオッパイもシコリは無いものの、片方だけがチョッと腫れてる様だ。
悟空の背中は、「もしかしたら食物アレルギーなのかもしれない」と言う思いはあるのだが、キャンディーのオッパイは「もしかしたら乳がん?」と言う心配が湧いて来てる。σ(=_=;)
明日病院に行った際には、忘れないで先生に聞いてみなくちゃ・・・( ̄⊥ ̄lll あせあせ
どうか深刻な病気でありませんように・・・人(-_-) オネガイシマス・・・

2004.09.20 
今日、トイレに入っていたらドアの前でなにやら気配が・・・(; ̄ー ̄)...ン?
用を済ませてトイレから出ようとしたら、ドアが開かない!((( ▽|||)” げっ。。。
どうやら、悟空がドアの前に座り込んだらしいのだ・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ
仕方が無いので、「悟空ちゃん退いて~」と中から声を掛けてやっとトイレから脱出・・・σ(^-^;)
昔アラレには良く遣られたけど、悟空に遣られたのは初めてだったので、チョッとショック・・・(。。lll) ガーン
それにしても、私がトイレに入ったのを見ていたくせに・・・なんちゅう事するんだよ!(ー_ー#)ムッ
最近キャンディーの病気のせいで、どうしてもキャンディーにばかり構ってるから、もしかしてその腹いせかな?
これからトイレに入る時は、悟空に確認取ってから入らないと・・・(~_~;)ハハハ

2004.09.17 
今日も天気が良く、凄く気持ちの良い一日だった♪(∩_∩)
そんな中、夕方4時チョッと前何時ものお散歩に出た。
歩くコースは何時もと同じ国道沿いを西へ(インターそばまで)。
その途中、白い軽乗用車が急に止まった。その窓からは初老の女性が顔を出ししきりにこちらを見ていた。
その車を気にしながらも歩いていると、悟空が何時もの気まぐれで「お家に帰る!」と急にユーターン・・・ヾ(ー ー )ォィォィ
仕方なく家に向かって歩き出したのだが、気になっていた軽自動車はまだ動かないで止まったまま。
おばさんも助手席のドアを半開きにして、今にも車から降りそうな体制でこちらを見続けていた。
丁度車の真横にさしかかった時、そのおばさんが「可愛いですね」と声を掛けてきた。
「兄弟ですか?大人しいですね。」とニコニコ顔でチビ達を観ている。
そして、運転席にいた女性も、「今、犬が飼いたくてどんな犬種が良いのか色々探してるんです。」と話しかけてきた。
そして、色々話をしてる間も、おばさんの方はニコニコした顔でチビ達から目を離さなかった。。。(~_~;)
私が話しをしてる間、悟空はチョッと警戒気味で、余り寄って行こうとはしなかったが、キャンディーは、お得意のニコニコ顔で傍に寄って行こうとしていた・・・ヾ(・_・;) オイオイ
結局そのおばさん達は、オールドの値段やブリーダー情報を知りたかったらしいのだが、私から大した情報も得られないまま去って行った。(^^ゞ
まぁ、本当に欲しいと思えば探せない事はないのだから、気にしないで置こう。
という事で、気を取り直して家に帰って来たのだった。
おっと、忘れる所だった・・・( ̄⊥ ̄lll あせあせ
実はその後、自転車に乗ったおばさんとも遭遇。
そのおばさんは、悟空がウンチをしようと力んでる所に遣って来て、わざわざ自転車から降りて話し掛けて来たのだ。ゞ( ̄д ̄;)おいおい
悟空は何とか出し終えてε= (*^o^*) ほっとしていたが、私の方が焦った。
だって、悟空の場合は必ず最後の一絞りがお尻に残るのだ。
私は急いでそれを拭き取ろうと思ったら、お尻に付いてない。( ̄ *) ん?
それを気にしながらも、自転車のおばさんと話をして、おばさんが立ち去った後,、歩き始めて後ろを振り返ったら、(/||| ̄▽)/ゲッ!!!ウッ、ウンチを踏んでたー!!!がびーん (|||_|||)ガビーン
急いで地面と靴底のウンチをティッシュで拭き取った。ε-(;ーωーA フゥ…
きっとあのおばさんは、私がウンチを踏んだのを見ていたんだろうなー・・・(;´д`)ノ|柱| トホホ・・・
何時もは気をつけてるのに・・・やっぱり話し掛けて来る時は、状況を見て欲しいですね。σ(TεT;)ハァー

2004.09.16 
今、キャンディーのトイレタイムは1日に5~6回になっている。
膀胱炎だけでなく尿結石も患ってるので、水を沢山飲ませてオシッコを沢山出させるのだ。
平均で4~3時間置きに外に連れ出しているが、それでも3~4回に一度はパンツにお漏らしをしている。
キャンディーは、普段から余り水を飲まなかったので、ただお水を差し出しても殆ど飲んでくれないのだ・・・(ー_ーi)ハァーー
そこで考えたのが「牛乳水」。
普段通りの飲み水に、少量の牛乳を垂らしてやると喜んで飲んでくれる。
ただ、それを遣ると悟空が横から顔を突っ込んでくるので、悟空には可愛そうだが「待て!」をさせて我慢させている。UTェTU クゥーン・・・
そんな苦労の甲斐あって、キャンディーの水を飲む量も増え、必然的にオシッコの量も増えてきたのだ。σ(^-^;)
普通、オシッコを家の中で漏らしたりすると、「悪い事をした。叱られる」という思いで、犬にとっては「ストレス」になるらしいのだが、パンツを穿かせると、「パンツにはして良い」と思うらしく、キャンディーも遠慮なくしている様子・・・(~_~;)
とにかく頑張って、もう暫くの間キャンディーのトイレ回数を増やそうと思っている。
食後2時間、その後3時間ずつで計8時間・・・。
今までのトイレ時間が8時間おきだったので、この時間割だと悟空のトイレ時間にも丁度合うし、明日からはこの時間割りで行ってみようかな?σ( ⌒ー⌒;)
後1週間、何とか頑張ってみよう!( ̄0 ̄)/ オォー!!

2004.09.14 
先週の土曜日に病院で「膀胱炎」と言う診断の受けたキャンディーは、毎日パンツ(介護用)を穿いて生活してる。
夜寝る時もパンツを穿かせて寝せるのだが、昨日も、寝る前のトイレ散歩を終わらせて、パンツを穿かせようとして、「キャンディー!((ヘ('~'*) オイデ~♪」「キャンちゃん((ヘ('~'*) オイデ~♪」「キャンディちゃん!来なさ~い!」・・・と、幾ら名前を呼んでも私の傍に来ない・・・(;¬_¬) ジトー・・・
そんな様子を傍で見ていた悟空が、4度目に「キャンディー、パンツ穿かせるからおいで!」と、声を掛けた途端、痺れを切らしてキャンディーに向かって「ワン!」と一吠え。
悟空の声のトーンから、明らかに怒ってる様子が伺えた。
「お母さんが呼んでるだろう!!!」とでも言いたげな様子で、まるでキャンディーを叱ってるようだった。(゜_゜i)
昔、アラレが良くチビ達を叱る時も、「ワン!」とドスの効いた声で吠えていたが、悟空の声もその時のアラレの声にそっくりだった。
アラレの教育の成果が、こんな所で見れるなんて・・・(='m')クス♪
それにしても、チビ達は普段から私の言葉を良く理解してるようなのだが、今回の様な、私の代わりに叱ったりするなんて事は、今まで無かった事だし、想像もしてなかったので、チョッとビックリ。w( ̄o ̄)w オオー!
ホンの一瞬だけど、悟空が天才に見えちゃった♪(*'ー'*)♪
勿論その瞬間は私も爆笑で、キャンディーは私の笑い声でハイテンションに・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
で、笑いが収まった所で、やっとパンツを穿かせ終えたのだった。

悟空よ、お前は本当に天才だね~♪(〃^∇^)o_彡☆あははははっ(←完全に親バカだ。汗)

2004.09.13 
アラレが亡くなって明日で丸一年になる。
去年の今日は、アラレが緊急手術をして、病院で淋しく寝ていた頃だ。
あの日は旦那も仕事が手につかなかったらしく、早くに帰宅してこの時間は家に居たんだよね・・・。
そして、心配で心配で仕方が無くて、寝る時間になっても「今から病院に迎えに行くか!」と何度も言ってたっけ。
夜8時頃見舞いに行った時、アラレは淋しそうに私達を見ていたよね。
今でも、「何であの時連れ帰らなかったのだろう」と言う後悔の念が、胸の奥底に残っている。
今も、あの時のアラレの目を思い出すと涙が出てくる。

今、私の目の前に写真の中のアラレは、「お母さん何言ってるの!」と私を窘める様な眼差しで私を見つめている。
この一年、1日たりともアラレの事を忘れた事が無かった。
アラレを想って何度涙を流した事だろう。それでもまだ泣き足りないような気がする。
どんなに想っても、アラレをこの手に抱く事は出来ないのだ。
アラレが煙となって空に上って行ったあの日から、分りきってた事なのに、未だに心のどこかでアラレを求めている。
確かにチビ達は可愛い。でも、やっぱりアラレじゃない。
私にとってアラレは、友であり、母であり、子供であり、そして私の身体の一部のような存在でもあった。
どんなに願っても帰らない命。
アラレの変わりは何処にもいない。
1年経っても悲しみが薄れて無いと言う事は、この先何年経っても涙を流すんだろうなー・・・。

アラレは喜怒哀楽がハッキリ出る子だったので、その分思い出すシーンが多くなるんだよね。
普段の生活の中でも、旦那との会話には必ず出てくる。
「アラレはこうだった・・・」「アラレはこれが好きだった・・」「アラレはこんな時怒ってたね・・・」等々、、、アラレは、未だに我が家に存在してるんだよね。
姿は見えなくても、私の直ぐ傍に居るような感覚になってる。
これってチョッと危ないかな?(~_~;)
それでも良いんだー・・・忘れる事が出来ないんだから、何時も一緒に居て貰うしかないよね?・・・σ( ⌒ー⌒;)

アラレ、美味しい物を沢山あげるから、これからも私の傍から離れるんじゃないよ。(^▽^;)

2004.09.10 
夜9時に携帯電話がなった。
発信者の名前を見てみると、ここ一年以上連絡が途絶えていた友人だった。
電話に出てみると、、、
友人 「よう!久し振り!」との元気そうな声。
私 「どうした?何か有ったの?電話を掛けてくるなんて久し振りじゃん。」
友人 「今テレビ見てて、C型肝炎の事遣ってたから、電話してみたんだ。」
私 「(((^-^))ウンウン、私もその番組見てた。」
友人 「どうよ。変わり無い?」
私 「私は変わりないけど、○○パパ(友人のニックネーム)は?変わりない?」
友人 「俺?俺は最近退院して来ばかりで、これから暫くリハビリなんだ。」
私 「(;゜◇゜)ノ え?!リハビリって?」
友人 「脊髄が腐って(?)去年の7月から入院してたんだ。」
私 「・・・(゜゜;)?」
友人 「去年の夏から2回手術して、今、下半身不随で車椅子生活。」
私 「またまた冗談ばかり言って・・・」
友人 「本当だって。こんな事冗談で言ったってしょうがないべ。」
私 「そうかー・・・大変だったねー・・・」(後の言葉が出て来なかった)
友人 「最近退院して来たばかりだから、まだ寝たきり状態なんだ。」
私 「そうかー・・・これからどうするの?」
友人 「どうするって言ってもどうしようもねぇべや・・・なるようにしかなんないんだから・・・。」
私 「確かにそうだけど・・・それにしても、そんなに大変だったのに妙に明るいじゃん・・・」
友人 「暗くなっててもしょうがないべ?どうなるもんでもないもの。」
私 「まっ、そりゃそうだね・・・。」(~_~;)
友人 「さっきテレビ見てて、肝炎の事遣ってたから、○○ちゃん(昔使ってた源氏名)の事思い出してさー・・・大丈夫なのか?」
私 「今の所、テレビで遣ってたような症状は出てないから、大丈夫だと思う。」^_^;
友人 「そうか。腰は?ヘルニアは大丈夫か?放っとくと俺みたいになるぞ!早目に病院で検査して貰った方が良いよ。」
私 「今の所大丈夫みたい。最近は多少運動もしてるしね。」(^^;)ゞアハハ・・・
友人 「痛いのを誤魔化して放っとくと、ある日突然起きれなくなって、俺みたいに半身不随になったりする事もあるから、気をつけなよ。」
私 「なるほど・・・気をつけておく。。。」

その後は、色々他愛の無い世間話をして終えたのだが・・・。
果たして下半身不随は本当なのかな?と、疑いたくなるようなやり取りで終わった。
元々ひょうひょうとした感じの人で、「成る様にしか成らないんだから。」と言うのが、彼の信条みたいなところが有ったので、今の現状で「あっけらかん」としてるのも、納得出来なくも無いのだが・・・。( ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄;)うーん
ただ、彼は確か、脳溢血で半身不随になった父親と二人暮らしだったはず・・・。
それなのに、今度は自分までもが下半身不随になってしまって、これからの生活をどうするんだろう。
妹(姉?)さんは嫁いでいて今は家に居ないはずだし、、、詳しい状況を聞いていないので良く解らないが、本当に大変な状況になってる事は、容易に想像がつく。
そんな状況の中で、「テレビを見たから・・・」と言って、他人の事を心配して電話を掛けてくるなんて・・・何て良いヤツなんだ・・・(/TДT)/あうぅ・・・・
今までは、滅多に電話する事も無く放っておいたが、これからはもう少し彼の事を気に掛けて、偶には電話を掛けてみようと思っている・・・。(^^ゞ

注:文中で「彼」と書いてありますが、決して男女のお付き合いは有りませんでしたので・・・純粋にお友達です。(キッパリ!)
ここをお読みの方は、くれぐれも誤解の無い様に願います。(;^_^A アセアセ・・・

2004.09.07 
今日はチビ達にお留守番を頼んで、久々に実家に行って来た。
何しに行って来たかと言うと、(*'ー'*)ニコ♪お米とお野菜を貰いにいって来たのだ♪
大分前から「米取りに来い」と言われていたのだが、今年の猛暑で、中々チビ達だけを置いて出掛けられなかったのだ。
今日は、予想気温も余り高くなかったし、どれに何と言っても、旦那が休み(?)のようだったので、これ幸いと思いでかけたのだ。
実家には昼頃着くように行ったのだが、昼食後、姉と畑を回って色々な野菜を取って貰い、帰路に着いたのが3時半ころだった。
高速道路に入ってから家(自宅)に電話を入れてみると誰も出ない・・・。
( ̄ *) ん?と思い今度は旦那の携帯に・・・やはり出ない。
さてはまたパチンコに出掛けたのかな?と思いながら10分ほど車を走らせてると、今度は反対に電話が掛かってきた。
出てみると、旦那が「あんだ(お前)今何処にいるの?」といってきた。
「はぁ?今帰る途中だけど。高速走ってるよ。」と言うと、「何処に行ってきたの?」と旦那が聞いてきた。
ヾ(ー ー )ォィォィ、今朝出掛ける時、旦那を起こして「実家に行って来るよ」と言ったのに・・・寝ぼけて聞いてるから全く覚えていないんだよな・・・(ー_ーi)ハァーー
今度は私が「今何処にいるの?」と聞くと、「今パチンコやに向かってるところ」との返事。
どうやら、私が最初に電話した時は、起きたばかりで寝ぼけていて電話に気付かなかったらしいのだ・・・ε-(;ーωーA ヤレヤレ・・・昨夜寝たのが2時頃で、起きたのが3時過ぎ?
13時間も寝てれば脳ミソが腐ってて電話も聞えんわなー・・・ムカ・・・(-_-メ)
その挙句に、チビ達を置いて一人でパチンコに出掛けただと!!! オーーーイッッ!!☆ヾ(`Д´*)
私が帰るまで待ってんのか!まったくもーーーっ!!∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!
とまぁ、腹立たしかったけど、気を取り直して急いで帰宅したのだった。
チビ達のお留守番風景はどうだったかな?と思って、後で旦那に聞いてみると、どうやら寝てる旦那のそばで、入れ替わり立ち代り一緒に寝ていたらしい・・・σ( ⌒ー⌒;)
そんな話を聞いてると、私も偶にはそんな風に寝てみたいと思うのだが、お日様が傾くまで布団の中には居れないもんなー・・・σ(・・〃)
チョッと羨ましかったけど、チビ達には久々に旦那との時間が持てて良かったのかな?とも思った。(∩_∩)
今度はお彼岸の頃に行ってみたいと思っているので、その時も旦那に留守番を頼んで、チビ達との時間を持たせてあげようと思っている。(^ー^)(絶対午前中になんか起きるなよ!(▼▼))

2004.09.05 
今日は、昨日とは打って変わって気持ち良い程の好天♪
今朝は家中の窓を開けて、昨日の湿気を追い出しています。
秋らしい風が本当に気持ち良いです~~~♪o(*^▽^*)o~♪

ところで。。。昨夜珍しく早く(9時半前に)帰って来た旦那。
私「どうしたの?何時もより早いじゃん?」
旦那「最近寝不足みたいで、チョッと疲れが溜まってるみたいだから早く帰って来た。」
私「( ̄‐ ̄〃)ふーん」
旦那「今夜は早く寝るぞ!」
私「・・・」
と、こんな会話の後、私がこの部屋(PCのある部屋)でビデオ鑑賞していると、遣ってきた旦那が「ゲーム遣るからPC立ち上げて。」と言って来た。
ヘ(__ヘ)☆ヾ(^--^=)~おいおい!今夜は早く寝るんじゃなかったのかい!
まぁ、チビ達のトイレ散歩の時間までまだ間があるから良いかな?と思い、取り合えず遣らせる事にした。
そして11時。チビ達の散歩から帰ると、またPCの前を陣取った。( ̄ ̄ ̄ロ ̄ ̄ ̄;;) はぁっ?
私「今日は早く寝るんじゃないの?」
旦那「チビ達が寝るまで・・・。」
私もビデオが途中だったので、最後まで観ることにして、取り合えず旦那にゲームを遣らせていたのだが、ビデオを観終わったので旦那様子を窺ってみると、ゲームを止める気配が全く無い。(;¬_¬) ジトー・・・
仕方ないので、私はチビ達を寝かせつけた後風呂に入る事にした。しかし、風呂から上がってきてもまだ遣ってる...Σ(-_-+)ピキッ
私「ちょっと!何時まで遣ってるの!明日も仕事なんだからいい加減に止めて寝なさいよ!!!」
旦那「これがゲームオーバーになったら・・・^_^;」
・・・で、間もなくして「ゲームオーバー」になった旦那は風呂へ・・・PCを見てみると、まだゲームを続けられる状態のままになっていた。ヾ(ー ー )ォィォィ
旦那の意志を確認する為に、ワザとそのままの状態で寝る事にしたのだが、暫くして、風呂から上がった旦那は案の定PCの前に座ってゲーム再開。。。( ̄― ̄メ)イラッ・・・
結局1時半までゲームをしていたらしい。。。(ー_ーi)ハァーー
最初に旦那にゲームを遣らせた私が悪いのだが、それにしても、幼稚園児じゃないんだから自己管理位自分で遣って欲しいよなー。。。ε-(;-ェ-A ハァ。。ヤレヤレ

2004.09.03 
早いもんだね~・・・σ(=_=;)
この間正月を迎えたばかりだと思っていたのに、もう9月だよ!!!ヘ(__ヘ)☆ヾ(^--^=)~おいおい
・・・と言うのは大袈裟だけど、でも、本当に一年はあっと言う間に過ぎるよね・・・。(ー_ーi)ハァーー
今月の11日はアラレの一周忌・・・もう一年経つんだよね。(。-_-。)
それでも、我が家の会話の中には、殆ど毎日と言って良いほどアラレの名前が出て来る・・・。
チビ達が居るせいなんだろうけど、私達の中ではアラレが色褪せる事無く、何時までも行き続けていてくれるので、凄く嬉しい♪(∩_∩)
それに何と言っても、最近の悟空が、今迄にも増してアラレに似て来ている事が、アラレの名前が話題に出る要因でもある。
散歩でのコース決めも気分でリードするようになったし、食事時のおねだり方法もアラレ式になって来ている・・・それに、何と言っても最近は、トイレの前を占領して昼寝をするようになったのだ。。。(゜_゜i)
急いでトイレに入りたい時は、悟空にお願いして退いてもらわないと、膀胱炎になりそうなのだ・・・o( ̄ ̄ ̄_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄iA 汗たら~
キャンディーは、今まで通り余り変わりはないのに、何で悟空は変わったんだ?
悟空は、風貌も似てるので、よりリアルにアラレを思い起こさせる。
これで我侭を言うようになったら、完璧にアラレだな・・・(~_~;)ハハハ
でも、アラレは怖いもの知らずだったけど、その点だけは似てないようだ。σ(^-^;)
m( ̄  ̄*) 頼む!からそこだけは似ないでおくれ~~~!!!人(-_-) オネガイシマス・・・

2004.09.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。