123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今日は悟空が逝って丁度一月です。
先月の今日、丁度今頃は、病院の駐車場で悟空の亡き骸にしがみ付いて泣いていた頃です。
悟空を何とか助けたい思いで、夢中になって高速を飛ばし、やっと病院に着いたのに、車から降ろそうとした時にはもう、、、あの時のショックは今でも忘れません。あの時悟空に触れた時の感触が、未だにこの手に蘇ります。
この1ヶ月間と言うのは、私にとって短いようでとても長い1ヶ月でした。
悟空がいない生活、悟空中心だった生活が一変して無になってしまったんです。生活のリズムを取り戻すにも時間が掛かりました。
今でも事有る毎に思い出される悟空のあどけない表情・・・私も一時期はショックで泣けない状態になってました。悲しいのに心にぽっかり大きな穴が空いて、抜け殻のようになってたんでしょうね。
最近はようやく泣けるようになって来ましたが、でも、未だ本当の自分に戻って無い様な気がします。
アラレが急に逝った時も、ショックで身を切られるような思いをしましたけど、悟空の場合はそれと違った感情でした。
私にとって悟空は子供でしたからね。
悟空が生まれた瞬間から一緒に居て、アラレ母さんと一緒に育てて来たんです。兄弟が多いから十分な栄養が摂れないだろうと、母乳が足りない分を哺乳瓶でミルクを与えたり、離乳食が始まればスプーンで一口ずつ食べさせたり・・・自分の子供を育てるように手を掛けて育てました。だからこそ、悲しみが強いんでしょうね。(;´_`;)ううう・・・

ダメだね~・・・思い出せば思い出すほど悲しくなっちゃう。
今日はこんな日記を書く予定じゃなかったのに、書き出したらついついメソメソした事を書いちゃった。
悟空の性格のように、私ももっと明るく行かなくちゃね!(^_^;)


今日は、初めての月命日なので、新しくお花を買って来ました。

月命日

アラレと並んでる悟空の脇に花を供えてあげたのですが、やっぱり悟空は食べ物の方が喜びそうだな~・・・。^^;
今度は美味しいおやつを買って来てあげるから、それまで待っててね。(∩.∩)
スポンサーサイト

2007.04.19 
また更新サボって間が空いちゃった。( ̄∞ ̄;)ゞ エヘヘ・・・m(_ _;)m ゴメン!

と言う訳で、早速今日の日記を・・・

以前からこのブログにも書いてたように、キャンディーは股関節が悪く、数年前からサプリメントを与えてましたが、そのサプリメントと言うのは、「グルコサミン500&コンドロイチン400」と言う人間用に作られたサプリメントで、先生が厳選に厳選を重ねて、余計なものが全く入って無い純粋に「グルコサミン」「コンドロイチン」だけのサプリメントで、しかも配合が「500/400」だったんです。
でも今は、病院の方でも入手出来無くなって、先日から別のサプリメントを与えるようになったんですよね。σ(-_-;)
今度のは犬用のサプリメントで、別に効果的な面で劣る訳では無いのですが、以前のサプリメントがとても気に入ってたので、ならば以前と同じ配分のサプリメントは無いかな?と、英語も全く解らない私が、個人輸入で入れてみたのですが、、、失敗だったかも。(〃・∀・ι)ヒヤリ
と言うのも、輸入したサプリメントには、「マンガンアスコルビン酸塩」と言う成分が入ってるし、私がイメージしてた「カプセル」のものと大分違ってました。(ヘ;_ _)ヘ ガクッ
まぁね、成分的には悪いものじゃないし、寧ろ関節強化には良いみたいだけど、、、何となく納得出来無い。(爆)
でも、折角苦労して入れたんだし、次回病院に行った時に先生にこのサプリメントを見て貰って、どんなもんか聞いてみようと思います。σ(^_^;)


2007.04.17 
親バカが、とっても可愛い我が子を表現す時に使うことわざです。
私も時々使ってました。^^;

それが昨夜・・・



昨夜、お散歩の途中でキャンディーちゃんの鼻先にチューしようとしたら、タイミング良く顔を上げたキャンディーの鼻が、、、

あっぷ
こんなにデカイ鼻です。(汗)

見事私の右目に

ヒーーーット!!!



ハッキリ言って、このことわざは嘘です。
どんなに可愛い子でも目に入れたら痛い!!
ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ、そんなの当たり前だろ!(爆)


ことわざを身をもって検証できた夜でした。_| ̄|○ ガクッ
 Σ^)/アホーアホー☆ミ

2007.04.07 
やはり悟空が居なくなった事で、生活へ張り合いが半減しています。(^_^;)
キャンディーちゃんも居るのに、、、
キャンディーごめんよ~!m(_ _)m ペコ

さて、今日は、我が家で実行してた「アジソンとの付き合い方」を振り返ってみたいと思います。
アジソンと言う病気は、まだまだ知られてない部分が多い病気なので、今アジソンと戦ってる飼い主さん達は、色々な症例を見ながら手探りでの治療とケアが多いと思います。そこで、少しでもそのお役に立てれば良いかな?と言う思いで書かせて戴きますので、あくまでも「参考」として見て下さいね。^^;

先ず最初にあげるのが「肉体的ストレスの軽減」です。
私も最初は「肉体的ストレスって具体的にどう言う事を言うんだろう?」と悩みましたが、要は簡単な事。身体で感じるストレスなんですよね。
具体的には、寒い暑い痛い疲れ空腹不快感、と言った所でしょうか。
ですから、寒さ暑さは環境を整える事で少しでも快適に過ごせるように気を配りました。

「痛み」に関しては、普段の生活で怪我などによる外傷が無いように気を配りました。でも、身体の中の痛みに関しては、見た目で判断できませんので、普段から良く様子を見ていて、何かしらの変化に気が付いた時、その都度病院に行って診て貰ってました。

「空腹」に関しては、薬のせいでどうしても食欲が増すので、食事の回数を多くする事で紛らわせるようにしました。この「食事を小分けにして与える」と言うのは、健康な老犬に対してもとても良い法方らしいので、高齢のワンちゃんをお飼いの方も是非取り入れると良いと思います。
但し、この方法で気を付けていただきたいのがフードの量です。
あくまでも、1日分の分量を小分けにするだけに留めて下さいね。間違えても分量は増やさないように!太る原因になりますからね。(汗)
体重が増えればフロリネフの効き目も悪くなると言う悪循環にも繋がりますので、くれぐれもベスト体重のキープを心掛けてください。^^;

そして、一番判断が難しい「疲れ」「不快感」ですが、家の場合は、これに当てはめたのがドライブです。
車の震動は身体に不快感を与え、疲れの原因になるからです。
なので、ドライブで連れ歩くより留守番をさせる方を選択しました。
確かに留守番をする事は寂しい思いをして「精神的ストレス」には繋がるかも知れませんが、でも、家でゆったりと眠ってる方が、肉体的にはストレスが掛からないからです。
ですから、悟空の場合は、近所の公園(車で約5分程度)に行く時と、病院に行く時位しか車での移動はさせませんでした。
特に病院への長距離ドライブの時は、プレドニンを飲んだ日に行くか、または、その日の朝プレドニンを飲ませるようにしてましたね。
(プレドニンは1日置きに飲ませていたので、それに合わせるようにしていたんです。)

それともう1つ「疲れ」で気を付けていたのは、普段のお散歩です。
それまではある程度の距離を歩かせていたのですが、アジソンになってからは、散歩の距離を縮め、なるべくゆっくりと歩かせるようにし、途中で疲れた素振りを見せた時は、直ぐ立ち止まって休ませるようにして、無理をさせず最後まで悟空のペースに合わせるようにしました。
悟空の場合は、高齢になってからの発病だったので、病気のせいで体力の衰えが加速されたように思います。ですから、散歩の距離も徐々に徐々に短くなって来てたように思います。^^;

そして最後はシャンプーかな?
∪・ω・∪は毛が濡れるとストレス(不快感)を感じると言います。
これは犬種によって違うかも知れませんが、全般的にはそう言われているようですね。
ですから、悟空のシャンプーもそれまでとは比べ物にならない位シャンプーの回数が減りました。^^;
そして、シャンプーする時も、兎に角手早く済ませるようにし、なるべく短時間で仕上げるようにしました。
勿論シャンプーする日は、プレドニンを飲ませた日で気温が高い日(←これが結構難しかったりするんだよね。^^;)を選んでの決行となった訳です。



とまぁ、今日は我が家で注意してた「肉体的ストレス」に関して書き出してみました。
アジソンと言う病気は、余り知られて無い稀でな病気ですが、でも、最近徐々に増えて来てるように思います。これは、この病気に対する認知度が高くなってきて、病気の発見が早くなったからだと思います。
今までは「原因不明の突然死」で片付けられていたのが、実は「アジソン病」(または他の難病)だったのではないのでしょうか。
従って、この病気の症例は未だ少なく、飼い主さん達も日々の生活でどのように気を付けたら良いか等、参考になるものが少ないと思います。
ですから、アジソン経験者として、我が家でのアジソンとの付き合い方や注意点などを、このブログで配信する事で、少しでもこの病気と戦ってる飼い主さん達のお役に立てればと思い、この「アジソンとの付き合い方」を書く事にしました。
ですが、この記事を読むにあたって注意していただきたいのは、ここで書いてる事はあくまでも悟空に関する事だと言う事です。
人間でも体型や体質が違うように犬にも個体差がります。ですから、ここに書いてある事は、全てのワンちゃんに通用するものではありませんので、予めご了承下さい。
そして、あくまでも参考として何かしらのヒントにして頂けると幸いです。

尚、この記事はシリーズ化して続けてみようと思いますので、興味のある方は次回を楽しみにしていて下さいね。(=⌒ー⌒=)

2007.04.06 
昨日はキャンディーの検診日、悟空が逝ってから初めての病院行きでした。
キャンディーの検診と言っても、尿漏れの薬とフィラリアの検査&お薬を貰いに行って来たのですが、病院への道中は、流石にあの時の事を思い出してチョッとウルウルしちゃいました。^^;
完全に立ち直るには、やっぱりまだまだ時間は掛かりそうですね。(〃・∀・ι)

おっと、、、話が逸れちゃいましたね。(^^;)
昨日の検査は、本当ならフィラリアの検査だけで良かったのですが、やっぱり悟空の事が尾を引いてい心配だったので、先生にお願いして、キャンディーも電解質検査や他の色々なところも検査して貰いました。
そして、検査の結果はと言うと、カリウム、ナトリウムなどと言った項目は全く問題無し!肝臓などの値も正常値、その他の数値も全く問題無しで、キャンディーちゃんがとても健康だと言う事が証明されました。σ(^-^;) ホッ
色々な検査をして貰ったから、検査料金はチョッと高くついたけど、でも、安心料だと思えば安いもんですよ。(^▽^;)
それに、最近はキャンディーさんの尿漏れも少なくなって来て、オネショの回数もグンと減ってきたので、尿漏れの薬の量をまた少し減らそうかな?とも考えてるし、もしかしたら、このまま順調に尿漏れが無くなって来て、薬を切る事が出来るんじゃないかな?何て事も考えてるんだけど、、、そうそう上手くは行かないかな?( ̄∞ ̄;)ゞ エヘヘ・・・

それから、悟空さんが最後に病院から貰ったお薬も、昨日病院で買い戻していただきました。
これは、悟空が息を引き取った直後に病院で最後の処置をしていただた時、先生から「昨日お出ししたお薬は、こちらで買取させて戴きますので、次回いらっしゃる時お持ち下さい。」とおっしゃって頂いてたので、残っていた薬を全部持って行ったんです。お陰で、キャンディーが飲んでる2種類のサプリメント代と、フィラリア薬3か月分の代金に充てる事が出来たので本当に助かりました。(´▽`) ホッ

ここ一年半は、悟空のアジソン病の検査で病院通いが続いてましたが、これからはそれも無くなってチョッと寂しい気もします。
でも、キャンディーも大分お年だし、それにまだ尿漏れが完全に治った訳でも無いから、次ぎに病院に行くのは、尿漏れの薬が無くなる1ヶ月半後位かな?^^;
それまでは、キャンディーが何事も無く健康でいられます様に・・・(-人-*)お願いします・・・


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

悟空が最後に検査を受けた時の結果報告の記事で、膵炎について改めてご報告しますと書いてあった件ですが、悟空の事が有って報告が遅れてました。m(_ _)mスンマセン
次回の記事で、詳しく書きたいと思います。それまでお待ち下さいね。m(_ _)m





2007.04.04 
ご心配をお掛けしたフロリネフは無事決りました。
色々気を揉んでご心配いただいた方々には、本当に心から感謝したします。
ありがとうございました。m(_ _)m ペコ


と言う事で、とり急ぎご報告でまで。。。((。´・ω・)。´_ _)) ペコッ

では早速発送しに行って来ま~す!
ε=ε=ε=ε=ε=ヘ(* °∇°)ノ イソゲー!!

2007.04.02 
悟空が居なくなって丸2週間が過ぎました。
相変わらずお米(白米)が食べれない私ですが、それ以外は普通の生活に戻っています。ただ、悟空が生きてた頃は生活全てが悟空中心だったので、生活リズムの変化に未だ完全には慣れてませんが、、、でも、もう大丈夫かな?(汗)

実は、キャンディーさんの方にも変化が見られるんです。
悟空さんが居る頃は、毎晩のようにオネショをしていたのですが、最近しなくなったんです。勿論尿漏れの薬は飲み続けていますが、薬の量が変わった訳でもないのに、ここ2週間でほんの数回しかして無いんです。これは一体どうした変化なんでしょうね~・・・飲水量の方は1日辺り5~600mlなので、以前と比べてもそれほど減ってもいないのに、本当に不思議です。^^;
でも、私としては、お洗濯の回数も減るからとっても助かるんですけどね。(^^;)ゞ エヘヘ

キャンディーちゃん、お願いだからこの調子で頑張って頂戴よ~!!


▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼


フロリネフ、未だ決ってません。
やっぱり難しいのかな~・・・病院によっては他からの購入を嫌うところもあるらしいもんね。σ(-_-;)
我が家のホームドクターは、少しでも家計の負担を考えてくれて、安い所があれば個人輸入でも何でも入れて構わないと言ってくれましたし、輸入した薬の確認もしてくれましたが、皆が皆そう言う獣医ばかりじゃないんですよね。
今はセカンドオピニオンが広まりつつあるこの時代なのに、、、何だか違和感を感じますね。儲け主義なのかな~・・・σ(・・〃)
ブログ検索で、アジソンのワンちゃんを飼ってらっしゃる方のブログを色々見て来ましたが、ちゃんとセカンドオピニオンを取り入れて、より良い治療をされてるワンちゃんも居れば、他の病院に行った事で今までの治療が続けられなくなるのでは?と言う恐怖心から、セカンドオピニオンを受けられない、特殊な病気だから他の病院に移れない等と言った思いをしてらっしゃる方もいらっしゃるようだし、、、日本の獣医療は未だだ未だでと言った感じが否めないですね。

でも、ここでそんな事言ってても仕方ないし、問題は今残ってるフロリネフなのよね。^^;
珍しい病気だから、ご近所さんでも同じ病気の子なんてそうそう居ないし、ましてやこんな田舎では犬に対しての認識も私とは全く違うので、これほどお金を掛けて治療してる人なんて殆ど居ないし、、、今更だけど、やっぱり引っ越さないで仙台に居れば良かったかな~。(|||_ _)ハァ・・・



何だか最後は愚痴になっちゃったなー・・・(+Д+;)はぁー
チョッと出直して来よう・・・[出口] λ………トボトボ・・・

2007.04.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。