123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
犬の手入れにも色々ある。それは身体の大きさや犬種によっても違ってくる。
耳が垂れてる犬種は、定期的に耳の掃除を欠かせないし、小型犬は定期的な爪のカットを欠かせない。
長毛種はブラッシングが欠かせないのと同時に毛のカットを施す犬種もある。
そして我が家では・・・お尻の毛のカットが欠かせない。(;¬_¬)
それは何故かと言うと、尻尾が無いからだ。

オールドの場合、生まれて直ぐ断尾を行うのだが、その時、第1間接から抉る様にして断尾するらしく、大人になってくると周りの皮膚が盛り上がって来るので、断尾の傷跡は、一見すると肛門が2つ有るのか?と思えそうなほど窪んでるのだ。( ̄⊥ ̄lll あせあせ
しかも、尻尾が無いからなのか、肛門の直ぐ側まで毛が生えていて、ウ○チをする時、毛にウ○チが付いてしまう。(゜_゜i)タラー・・・
それに、家のチビ達は自分でそれを掃除すると言う事を知らないので、私が毎回綺麗に拭いてあげないといけないのだ。( ̄□||||!!
母犬が生きてる頃は、綺麗なお尻をしていたので全く気付かなかったのだが、どうやらチビ達のお尻は、母犬の世話によって何時も綺麗になっていたらしいのだ。
チビ達は、生まれた時からず~っと母犬の元で暮らしていたせいで、自分で綺麗にすると言う事を学習しないで育ったらしい・・・( ̄ー ̄; ヒヤリ
私も過保護だったが、母犬はもっと過保護だったって事の様だ・・・( ̄▽ |||)アハハ、、、
しかし、私が切れに拭き取ったとしても、母犬のそれとは違って、濡れた布等で拭かない限り、どうしても毛に付いた汚れを完全に取る事が出来ないのである。

そこで考えたのが「肛門の毛のカット」である。

多分、尻尾のある犬種には考えられない事だろうが、我が家では、定期的な「肛門の毛のカット」はとても大事な手入れの1つなのだ。(-。-;)


そして今日も、バリカン片手に肛門の毛を刈ろうとチビ達に近づくと、「お母さん、私のお尻に何するの?U ¬ ェ ¬;U ジロリ」と、警戒心たっぷりで逃げて行く・・・ヤレヤレ ┐(´ー`;)┌ マイッタネ
でも、何とか綺麗にしないと・・・ε- ( ̄、 ̄A) フゥー・・・諦めないで何とか頑張ろう。。。∩(゚∀゚∩)がんば
スポンサーサイト

2005.03.17 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。