12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今朝起きたらまだ雨が降っていた。( ̄□ ̄;)ちゃ~
私は、チビ達の朝の散歩をどうした物かと悩んでいたが、30分ほど待ってみたら、どうにか雨が止んだので、チビ達も濡れずに散歩が出来て良かった♪(∩_∩)
その後は、順調に天気が回復して、晴れて気温も上がったのだが、かなり風の強い一日になった。(^_^;)

今日は他に書く事も無かったので、今夜の夕食の水餃子について書いておこうと思う。(~v~)
私が作る餃子は、水餃子に限らず焼いても美味しいのだが、作り方は簡単だ。
特徴としては、皮を手作りにする事と、中に入れる具にシッカリ味を付ける事がポイントである。
皮は小麦粉に水を加えて良く捏ねる。
この時の硬さは良く言う「耳たぶの硬さ」より少し硬めが良い。
良く捏ねた生地をラップに包んで30分~1時間ほど冷蔵庫で寝かせる。
その後、生地をピンポン玉より小さい位の玉状に千切り、それを麺棒等で円形状に伸ばす。これを何枚も作って置く。
次は中身の具であるが(注:これは生地を寝かせてる間に作っておくようにしましょう。)、今日の具は、茹で竹の子、ニラ、えりんぎ茸、これらをみじん切りにして豚ひき肉と合わせ良く捏ねる。
捏ねた具に、生卵1個、しょうゆ、塩、コショウ、ごま油を入れて更に良く混ぜ合わせる。
以上で出来た具を、薄く伸ばしておいた皮で包むと生餃子の出来上がり~♪
これを具沢山中華スープ(まだ味付けはしていない)に入れて煮込み、火が通ったらスープに味付けをして出来上がり~♪ヽ(*⌒o⌒) ~♪
何時もだったら、沢山作って、餃子スープと焼き餃子の2品にするのだが、今日はスープだけにしたのでチョッと物足りなかったな~・・・(;´▽`A``
でも、また近い内に作ろうっと♪o(*^▽^*)o~♪

因みにこの餃子の作り方は、昔知り合った「大連」出身の女の子に教わった本場の餃子を元に、具の中身を自分流にアレンジした物です。
この餃子にはにんにくは一切入らないので、物足りなく感じる人も居るかもしれませんが、元々にんにく入りに餃子は日本独特のものだと聞いてますので、本場の餃子を味わうなら、この機会に挑戦してみのも良いと思います。
それに、この餃子は皮から作るので、皮の持つシコシコとした歯ざわりが、堪らなく美味しいですよ♪(∩_∩)
誰かこれを読んで挑戦してみてくれると嬉しいな~♪=*^-^*=にこっ♪

スポンサーサイト

2004.05.11 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。