123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
夜9時に携帯電話がなった。
発信者の名前を見てみると、ここ一年以上連絡が途絶えていた友人だった。
電話に出てみると、、、
友人 「よう!久し振り!」との元気そうな声。
私 「どうした?何か有ったの?電話を掛けてくるなんて久し振りじゃん。」
友人 「今テレビ見てて、C型肝炎の事遣ってたから、電話してみたんだ。」
私 「(((^-^))ウンウン、私もその番組見てた。」
友人 「どうよ。変わり無い?」
私 「私は変わりないけど、○○パパ(友人のニックネーム)は?変わりない?」
友人 「俺?俺は最近退院して来ばかりで、これから暫くリハビリなんだ。」
私 「(;゜◇゜)ノ え?!リハビリって?」
友人 「脊髄が腐って(?)去年の7月から入院してたんだ。」
私 「・・・(゜゜;)?」
友人 「去年の夏から2回手術して、今、下半身不随で車椅子生活。」
私 「またまた冗談ばかり言って・・・」
友人 「本当だって。こんな事冗談で言ったってしょうがないべ。」
私 「そうかー・・・大変だったねー・・・」(後の言葉が出て来なかった)
友人 「最近退院して来たばかりだから、まだ寝たきり状態なんだ。」
私 「そうかー・・・これからどうするの?」
友人 「どうするって言ってもどうしようもねぇべや・・・なるようにしかなんないんだから・・・。」
私 「確かにそうだけど・・・それにしても、そんなに大変だったのに妙に明るいじゃん・・・」
友人 「暗くなっててもしょうがないべ?どうなるもんでもないもの。」
私 「まっ、そりゃそうだね・・・。」(~_~;)
友人 「さっきテレビ見てて、肝炎の事遣ってたから、○○ちゃん(昔使ってた源氏名)の事思い出してさー・・・大丈夫なのか?」
私 「今の所、テレビで遣ってたような症状は出てないから、大丈夫だと思う。」^_^;
友人 「そうか。腰は?ヘルニアは大丈夫か?放っとくと俺みたいになるぞ!早目に病院で検査して貰った方が良いよ。」
私 「今の所大丈夫みたい。最近は多少運動もしてるしね。」(^^;)ゞアハハ・・・
友人 「痛いのを誤魔化して放っとくと、ある日突然起きれなくなって、俺みたいに半身不随になったりする事もあるから、気をつけなよ。」
私 「なるほど・・・気をつけておく。。。」

その後は、色々他愛の無い世間話をして終えたのだが・・・。
果たして下半身不随は本当なのかな?と、疑いたくなるようなやり取りで終わった。
元々ひょうひょうとした感じの人で、「成る様にしか成らないんだから。」と言うのが、彼の信条みたいなところが有ったので、今の現状で「あっけらかん」としてるのも、納得出来なくも無いのだが・・・。( ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄;)うーん
ただ、彼は確か、脳溢血で半身不随になった父親と二人暮らしだったはず・・・。
それなのに、今度は自分までもが下半身不随になってしまって、これからの生活をどうするんだろう。
妹(姉?)さんは嫁いでいて今は家に居ないはずだし、、、詳しい状況を聞いていないので良く解らないが、本当に大変な状況になってる事は、容易に想像がつく。
そんな状況の中で、「テレビを見たから・・・」と言って、他人の事を心配して電話を掛けてくるなんて・・・何て良いヤツなんだ・・・(/TДT)/あうぅ・・・・
今までは、滅多に電話する事も無く放っておいたが、これからはもう少し彼の事を気に掛けて、偶には電話を掛けてみようと思っている・・・。(^^ゞ

注:文中で「彼」と書いてありますが、決して男女のお付き合いは有りませんでしたので・・・純粋にお友達です。(キッパリ!)
ここをお読みの方は、くれぐれも誤解の無い様に願います。(;^_^A アセアセ・・・

スポンサーサイト

2004.09.07 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。