123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
昨夜(正確に言うと夜中の12時30分頃)、ネットで知り合った友達の家の大和君と言う名のワンちゃんが亡くなった。
大和君は、脾臓に先天性の疾患があり、その影響からかここ数ヶ月腎臓の働きも全く機能しなくなっていた。
その為、ここ数ヶ月間、毎日のように点滴や注射などで懸命に治療を施し、何とか頑張ってもらいたいと、飼い主さんは一生懸命看護をしていたのだ。
一時は「良くなってきたのかな?」と思えるほど体力も回復してきたように見えてたのだが、腎臓機能は回復してなくて、薬だけで持っていたらしく、遂にその効力も持たなくなり、昨夜静かに息を引き取ったらしい。
大和君は、飼い主さんの元に来ると決まった時から、色々な話を聞かされていたので、私も「家の子」の様な気持ちで居たので、最後を迎えたと聞いて凄くショックだった。
電話で知らせを貰った時は思わず泣いてしまい、電話をくれた飼い主さんに申し訳ない事をしてしまった。
本当は飼い主さんの方が辛いのに・・・励ましてあげなくちゃいけなかったのに私まで泣いちゃって・・・m(__)mゴメンね
飼い主さんも治ると信じて頑張ってきたのに、本当に悲しい思いしてるだろうなー・・・今は未だ「元気を出して!」とは言えないけど、その代わり「沢山泣いてね。」と言う言葉を掛けた。
私も去年アラレを亡くした時、泣いても泣いてもなき足りなかったから、、、。
時間が悲しみを思い出に変えてくれた頃、また楽しかった時の大和君の思い出話を聞かせて欲しい。
本当に短い間だったけど、私達にも思い出をくれた大和君に感謝。
きっと、天国でアラレと仲良く遊んでくれると信じてるよ。

スポンサーサイト

2004.11.24 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。