12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
昨日から様子のおかしかった悟空は、今朝も同じ状態が続いている。
散歩は普通に歩くのだが、何処と無く元気が無くて動きも鈍い。
それでも、下痢や吐き気、関節の痛み等も無いようなので、取りあえず様子をみていたのだが、昨夜と同じ様に、朝の食事の後はやはり動かなくなってジッとしてるので、旦那を叩き起こして(チョッとオーバーです。( ̄ー ̄; ヒヤリ)心配になって病院に走った。
病院では、最初は駐車場で歩行の様子を診て、その後は血液検査をして貰った。
歩行では関節の痛み等はみられず、血液検査でもこれと言った異常な数値は全く無く、先生の触診でも痛がる様子も無かったので、先生との問診で診断する事になった。
私は気になる事として、次の2つを詳しく話した。
先ず1つ目は便秘。
10日程前までは、耳血腫の薬を飲んでいたせいで、水を飲む量が多かったので、その頃の排便は普通にあったのだが、薬を止めた途端飲む水の量が極端に少なくなったので、そのせいからか便秘がちになった事。
2つ目が食後の様子。
昨夜から、動かなくなるのは食後2時間ほどで、横になってジッとしていて、普段なら、私が動けば必ずと言って良いほど後追いして来るのに、昨日の夕食後辺りから、全く動こうとせずそのままの状態で固まっているのが見受けられる事である。
先生は、この症状を聞いて、考えられる病名の中から、消化器系の働きの衰えを指した。
今年の夏10歳の誕生日を迎えようとしている悟空は、大型犬の寿命からみても高齢に入ってるので、そろそろ内臓の働きの衰えから来る病気が考えられると・・・ただ、血液検査の結果を見ると、炎症やその他のハッキリした病気は、今のところ考え難いとの事だが、このままの状態が続くと大病に繋がる可能性も捨て切れないとの事で、取りあえず、消化と胃の働き(動き?)を助ける薬と言う事で2種類の薬を出して貰った。
その他にも、食事の与え方等も指示を受けた。
大型犬で若い頃食事を一気にガツガツ食べる子は、ドライフードを食べた後水をガブガブ飲むので、年をとって消化機能が衰えると胃拡張や(?)胃捻転等を引き起こす恐れが有るので、悟空の場合も今までガツガツ食べて水を沢山飲むのにくわえ、特に、最近までは飲んでいた薬のせいで普段より水を沢山飲んでいたので、その可能性も否定できないとの事。
便秘についても、飲む水の量が急に減ったので、その為に腸内の水分が少なくなって便秘になった可能性が有るとの事でした。
なので、これからは食事のドライフードを、半分お湯でふやかして与えてみて、もしそれでも改善が無い場合、1回食事の量を2回に分けて与える様にした方が良いとの事だった。
と言う事は、今1日に2回の食事だから、もし、ふやかしの方法で良くならない場合は、1日に4回食事を与える様になるのだ・・・∑ヾ(≧□≦*)ノうわっ!!♪大変だー・・・(>▽<;; アセアセ
でも、悟空の健康には変えられないもんなー・・・o~(-_-メo)ひょろぉぉ

とにかく、ふやかしの食事で何とか治って欲しいなー・・・人(-_-) オネガイシマス・・・

スポンサーサイト

2005.02.06 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。