12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今日の記事は、今年の1月に書いた記事をもう一度アップする事にしました。
何故?と思う方も居るでしょうが、犬好きの私にとってはこの様な事が2度と起きて欲しくないので、その気持ちを込めて再度アップする事にしたんです。
皆様、どうかその辺の所をご理解下さいね。m(_ _)mペコ

◆:*:◇:*:◆:*:◇:*:◆:*:◇:*:◆:*:◇:*:◆:*:◇:*:◆
 ※ これは今年の1月18日の記事です。



昨日仙台のスーパーで、100頭もの捨て犬を保護していた民家の記事が貼ってあった。
一人暮らしの初老の男性が、自宅の中と敷地の中全てを使って犬達を保護して来たらしいのだが、到底一人では全ての犬達の管理ができる訳も無く、犬達の生活環境は劣悪なものとなていた。100頭もの犬の鳴き声、糞尿の臭い等々・・・かなり近所迷惑になっていたらしいのだ。
しかしながら、それでもそのおじさんは、心無い人間によって塀の外に置き去りにされた犬や、塀の上から投げ入れられた犬達を、保健所などに連れて行く事が出来ず、敷地内で世話をし始めたのがきっかけだったらしい。
このおじさんにしてみれば、保健所に連れて行けばそのまま薬殺されてしまう事を恐れたのだろう。例え捨てられた犬でも「生あるものの小さな命」を断ち切る事は、可哀想で出来なかったのだろう。
そんなおじさんの事を知って知らずか、おじさんの家の前には、自分勝手な飼い主によって捨てられる犬が、絶える事はなかったようだ。
そんな中、犬好きのおばさん達がこの家の噂を聞きつけて、粗悪環境の中に居る犬達を見かね、ボランティアで犬達の世話をしたり環境を整えたりし、更には避妊手術をしたりして里親を探す手助けまで始めたらしい。
私が読んだ記事の下には募金箱があって、犬達の餌代や避妊手術の費用等を助けて欲しいと書いてあった。
確かに、100頭もの犬の餌代は、安いドライフードを与えるとしても、月に15万ほどかかるらしい。
それに避妊手術だって、幾ら獣医さんが協力してくれたとしても、せめて、麻酔や薬代の原価位は出さなくちゃいけないだろうし・・・それらを募金で賄おうと、ボランティアの人達は頑張ってるようだ。
私は、同じ犬好きとして今回の記事を読んで、自分の飼い犬を捨てる行為を、もっとも憎む対象になってしまった。
勿論、昔から許しがたい行為だとは思っていたが、今回のように、人の良さにつけこんで、勝手に人の家の前に犬を置いていったり、塀から投げ入れたりする行為は、人間としてもっとも恥ずべき行為だし、そんな人間が身近に居ると思うと、吐き気がするほど腹立たしくなって来る。
今回はボランティアによって、おじさんも犬達も救われたのだが、世の中にはこのおじさんと同じ様に、心優しいがゆえに被害にあってる人も多いらしい。

どうか、このページを読んでくれた方は、捨て犬捨て猫を絶対にしない人間であって欲しいと思う。
スポンサーサイト

2005.12.03 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。