12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
昨日はネタが無くて、ついつい前夜の夫婦の会話を暴露してしまいましたが、余りにもバカバカしい会話で、どうやら皆さん引いてしまったようですね。( ̄▽ |||)アハハ、、、
でもまぁ、世の中にはこんなバカ夫婦も居るんだなって事で、これからも冷ややかな目で見守って下さい。( ̄ー ̄; ヒヤリ

さて、今日のネタを捜して見たんですが、やっぱりワンコが居ないとネタも見付からないもんですね。^^;
そこで今日は、この季節柄って事で、以前試した自家製虫(蚊)除けスプレーの作り方をご紹介します。
但し、私が試したのは大分前でしたので、作り方に関しての記憶に少々不安が残りますし、効果の方も、検証途中に季節が変わってしまって最後まで検証出来ませんでしたので、ご自身の責任の下で挑戦して見て下さい。ペコリ(o_ _)o))


先ず用意するものは、、、

材料
・柑橘系の果物の皮(夏みかんでも甘夏やグレープフルーツでも何でも良いです。)
・精製水(カルキを飛ばした水でも可と記憶してましたが・・・^^;)


道具
・ジューサーミキサー(おろし金でも可)
・越し布
・スプレーボトル

作り方
① 皮は、表面に付着してる農薬等を中性洗剤(食器用洗剤など)で綺麗に洗い落とした後、綺麗な水に浸します。
② 水に浸す事で白い綿の部分が取れ易くなるので、この綿を綺麗に取り除き、皮に付いてる水分を良く拭く取って下さい。
③ 綺麗になった皮をジューサーミキサーに入れ製清水と良く攪拌(かくはん)します。
④ 混ざった液体を布で越してカスを取り除きます。(この時、多少絞った方が必要性分が多く残るようです。)
⑤ カスを取り除いた液体をスプレーボトルに移して出来上がりです。

因みに、おろし金で作る場合は、良く洗った皮の水分を綺麗に拭き取ったあと、皮の表面だけをおろし金で下ろします。(この時、白い綿の部分はすらないようにして下さい。)
そして、摩り下ろした皮を製清水と良く混ぜて、後は布で越せば出来上がりです。

この出来上がった液体は、冷蔵庫で1週間程度保存出来るとの事でしたので、多少大目に作り置きするのも良いと思います。
それと、使用する柑橘系の皮は冷凍保存も可能でしたので、沢山食べた時に、綺麗に洗って白い綿を取り除いてから冷凍保存して置くと、何時でも使えて便利ですよ。(#^ー゜)v


処で、なぜ柑橘系の皮が虫(蚊)除けになるかと申しますと・・・蚊が柑橘系の匂いを嫌って寄って来ないそうです。
私が観た番組の中では、実際に果実園(みかん農園だったかな?)で働いてる方が、作業中に果物の皮を潰して手や顔に擦り付けて虫除けしてるシーンを映してたんです。その農家の方の証言によると、昔からの知恵で長年この方法で実践してるとの事でした。
それと、番組内での検証でも、蚊の沢山入ってるケースを使って、この液体をスプレーした手とスプレーして無い手の両方を入れて検証してましたが、確かに効果はあるようでした。


と言う訳で、少しでも安全な虫除けを試して見たい方は、一度挑戦してみて下さいね。m(^_^)m
但し!私は効果までは検証しておりませんので、もし効果が見られなくても、苦情は一切受け付けませんので悪しからず。(∩.∩)

スポンサーサイト

2008.08.05 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。