FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
今日、キャンディーを病院に連れて行った。仙台までのドライブである。
何故仙台?と思うだろが、自分なりの拘りで、アラレが亡くなった時、前の病院に連れて行かなかった事を後悔したからだった。
アラレが亡くなった事の報告もまだだったので、ちょうど良い機会でもあると思い、病院に向かった。
悟空は、一人でお留守番は無理なので、一緒に行く事にした。
車中は、チビ達も車酔いも無く快適なドライブを楽しんでる様子だった。ゞ( ̄∇ ̄;)ォィォィ

病院に着いて、他の患者さんが終わるのを待ち、愈々キャンディーの番が来た。
血液検査、触診、超音波検査、レントゲンと、検査していった。
幸い、婦人科の病気は今のところ心配は無いとの事だったが、脊髄と股関節に骨の異常が見られたのだ。(-_-;)
元々、子犬の時に上手く立てなくて、他の子犬より歩ける様になるのが遅かったのだが、どうやら、原因は股関節にあったらしい。
関節部分の受側が浅いらしく、時々関節が上手くかみ合わない状態になったりしたらしいのだ。
レントゲンには、骨が削れ、それを補うように軟骨が覆っている部分が見て取れた。
そして、その症状は脊椎部分にも見られたのだ。
先生は、「年齢的な事もあるのだが、股関節に関しては、元々浅い(関節部分が)子だったから、今までにも何度か痛みがあったんだと思います。」と言っておられた。
細い骨の割りにお肉がついてるから、どうしても、他の子に比べて関節に負担が掛かるとの事・・・。
取り合えず薬で様子を見て、来週もう一度レントゲン検査をする事になった。σ(・・〃)
それと、婦人科の方も、生理の終わり頃から1ヶ月が病気になる可能性が高いとの事で、これから注意が必要とのアドバイスも貰ってきた。
病気の原因や、症状、薬の作用など事細かに説明され、私の不安が一掃されると、改めて仙台まで来て良かったと実感した。(=⌒ー⌒=)

会計が終わった後、先生がアラレの事を詳しく聞きたがり、悪くなった時の状態や、病院での処置、手術の時の事等を詳しく話すと、「アラレちゃんの場合、本当に急激な症状だったから、私でも無理だったと思いますよ」と話してくださったのだが、「最初のに病院に行った時、手術しましょうと言ってくれれば、もしかしたら・・・それに、先生だったら、アラレの事を良く知ってるので、多分その日に手術してくれたと思うし・・・アラレも先生の事大好きだったから、もしダメでも、先生に看取ってもらえばアラレも幸せだったかな~って思って・・・。」と話したら、先生の目頭が赤くなって、涙が浮かんで来るのが分かった。
先生は、私に涙を気付かれまいとしてか、顔を横に向けチョッとの間堪えた感じだったが、直ぐに私のほうを向いて「本当に残念でしたね~・・・とても良い子だったから、もう一度会いたかったですね・・・。」と言って下さった。
そんな先生の気持ちが私にも伝わってきて、貰い泣きしそうになったのだが、「ここで泣いたら先生も泣いちゃうな・・・」と思い涙を堪えて平静を装う事にした。
今日先生に会って、私は、「本当に、何故あの時無理してでもここに連れて来なかったんだろう」と、改めて後悔した。

そんな先生との会話の後、気持ちが温かくなり、キャンディーの病気の方も少しは安心できると言う事で、帰りのドライブは、行く時よりも晴れやかな気分で帰って来たのだった。♪~((o(^。^")o))
また来週も仙台に行くのだが、仙台までの距離が遠く感じなくなって来た。(∩_∩)

話は替わって悟空の添い寝だが、昨夜も布団に入って添い寝してくれた。・・・ ̄m ̄ ふふ
これは続きそうな予感がしてきたぞ♪ ̄∀ ̄* ニヤッ

スポンサーサイト



2003.12.02